ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/1/25

住みやすい元気なまちに 

今栄新竹原市長が初登庁


▲市役所入り口で、出迎えた職員から花束を受け取った今栄市長

 昨年12月の竹原市長選で初当選した今栄敏彦市長が1月15日、初登庁した。約70人の職員が、午前9時に市役所の入り口で今栄市長を拍手で出迎えた。

 今栄市長は、委員会室で課長級以上の27人を前に「市民の皆さんの理解を得られるように最大の努力をするのが行政の役目。住みやすく、にぎわいがあり元気な竹原市の創造に向けて、皆さんとともに一丸となって取り組んでいきたい」と訓示。

 その後の記者会見では「多くの竹原を愛する人を応援したい。市の素晴らしい姿を市内外に発信し、観光客誘致など、目標に向けて取り組んでいきたい」などと意気込みを語った。

(石田)


pagetop