ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/1/18

加島氏と前藤氏が立候補を表明 既に高垣氏も表明

東広島市長選

 蔵田義雄前市長の辞職に伴い1月28日に告示される東広島市長選に、同市朝日町で弁護士を営む加島康介氏(42)と、市産業部長の前藤英文氏(60)が立候補することを相次いで表明した。

 加島氏は1月11日に、前藤氏は16日にそれぞれ記者会見を開き表明。両氏とも市民目線での市政を掲げ、無所属で立候補する意向。

 東広島市長選には、既に前広島県副知事の高垣広徳氏(64)が無所属での立候補を表明。選挙戦となる公算が大きくなってきた。

(日川)


pagetop