ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/1/11

幸せ運ぶ「ハートのつり革」

市内2台のバスで運行中


▲芸陽バスに設置されたハートのつり革

 車内にピンク色の「ハートのつり革」を取り付けた路線バスの運行が、昨年12月に東広島市内でスタート。主に広島大学方面と高美が丘付近を運行するバス(芸陽バス)のうち1台と、西条市街地循環バス「のんバス」(中国ジェイアールバス)のうち1台に、それぞれ1つ取り付けられている。運行時間などは明かさず、対象車には車体の前面と側面、後部にステッカーを貼り付けて告知している。

 運行は3月末まで(「のんバス」は1月末まで)の予定で、好評の場合は継続運行も。対象となる路線など詳しくは広島県バス協会ホームページ、または各社ホームページへ。

 (茨木)


pagetop