ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017→2018年末年始号

蔵田市長が辞職 

市役所で退任式

 交通事故の後遺症の悪化を理由に、東広島市の蔵田義雄市長が12月21日付で辞職し、同日、市役所で退任式が行われた。

 式には課長級以上の職員約100人が出席。蔵田市長は、市民協働のまちづくり、消防庁舎や市庁舎の建設などに取り組んだことを振り返り、「皆さんには言いようがないくらいお世話になった」と感謝を述べ、「アイデアと力を出し、チーム東広島として前に進んでほしい」と語りかけた。

 次期市長就任までは槙原晃二副市長が職務代理者となる。

  (橋本)

 ※市選挙管理委員会は22日開き、蔵田市長辞職に伴う市長選の日程を、1月28日告示、2月4日投開票と決定した。


pagetop