ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/12/7

21団体が活動成果発表 

市民芸能祭


▲21団体が参加した芸能祭

 東広島市文化連盟東広島支部は11月11、12の両日、東広島芸術文化ホールくらら大ホールで「第42回ひがしひろしま市民芸能祭」を開いた。市内で活動する21の文化団体が参加し、歌謡や舞踊などを発表、2日間で約1000人が訪れた。

 文芸展示に出品した東広島市伝統文化いけばな親子教室の高屋東小6年の西広昭歩さんは、「5回目の出品。今回は作品に高さを出し、大きく見えるように空間を生かしてみた」と話していた。茶道では表千家流冨吉宗美さんが野立を振る舞い、多くの来場者が抹茶の味を楽しんだ。

 (奈須)


pagetop