ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

エステや生前遺影 終活としての美

笑顔になるポジティブな終活


▲笑顔があふれる遺影撮影(大進創寫舘東広島店)
※特別にスタジオ内での撮影の許可を得ました

 何歳になっても「美」への関心が高い女性。きれいな顔で一生を終えたい、元気なうちに納得のいく遺影写真を撮影しておきたい―と、エステでの顔の手入れや写真館での撮影などを、終活の一つとして捉える人が増えている。


▲気持ちのいい顔のエステ(エステティックサロンu・an)

 終活は「人生の終わりのための活動」で、介護、葬儀、相続などについて希望をまとめておくこと。この一環として、エステや生前遺影を紹介するシニア向け雑誌も登場。

 インターネットでシニアのエステについて調べると、施術するスタッフもシニアの「シニア専用エステサロン」、シニア限定のエステプランを設ける店舗などの情報が。サロンを全国展開するある企業の調査では、60歳以上の利用者が3年で3倍になったという結果もあった。

 遺影撮影は、イベントとしての生前遺影撮影会、ヘアメーク付きの遺影写真プ ランなど、多くの企業が「終活」のキーワードと共にアピール。いずれも、終活をポジティブに捉えたサービス。

 東広島市西条町の77歳の女性は「生前遺影も『終活』と言われて勧められると抵抗が少ない」と話す。「今さら」「年だから」と思っている人も、目線を変えて、アクションを起こしてみては。

美容に関するアンケート

【対象】東広島市に住む60歳以上の女性40人

美容への関心はありますか。
美容に関して普段から心掛けていることは何ですか。

・手入れし過ぎない
・絶対に洗顔をして寝る
・ウィッグを使う
・2カ月に1回パーマをかける
・白髪染めをする
・身だしなみに気をつける
・酢を飲む
・プールで歩く
・風呂にゆっくり入る
・笑うようにする
・野菜、果物を必ず食べる
・よく寝る

本紙若さの秘密研究所調べ
(2016年12月にアンケートを実施)


東広島で体験リポート エステと生前遺影に挑戦!

東広島市内のスポットで読者モニターの坂木英子さんが終活にチャレンジ

70代のお客さんもきれい≠ナ外出増える

 東広島市八本松東ガーデンプレイス内のエステティックサロン「u・an(ユ・アン)」では、「いつまでも美しくいたい」と通っている74歳の女性をはじめ、「娘の結婚式のために」などというシニア世代のお客さんもいるという。

 外に出なかった人が積極的になったり、友だちと集まった時に「きれい」と言われるのがうれしい、というお客さんの声も。「きれいになることは元気の秘訣(ひけつ)。毎日が楽しくなりますよ」と同店。今回、坂木さんには顔と胸元のコースを体験してもらった。

写真右…日ごろ化粧水しか付けないという坂木さん。紫外線と乾燥は気になっている

写真左…首からのケアで、むくみとくすみを解消。肌色も明るくなり、つやが出た

メニュー

●ベーシックコース
 オーダーメードエステ(クレンジング→肌別トリートメント→肌別パック→エレクトロポレーション肌別導入→光美容)、カウンセリング込みで約120分。1万1880円(初回7000円、税込み)。

体験してみて

 体がとっても温まり、筋肉の疲れがなくなって顔が軽くなった感じです。肌もプリプリして気持ちいいですね。視界が広くなった感じです。出かけるのが楽しくなりそう。日々忙しくしているので、たまにはリラクゼーションするのもいいですね。


自分が主役の写真撮影で元気が出る

 東広島市西条町土与丸のフォトスタジオ「大進創寫舘東広島店」では、件数は目立って多くはないが、毎月、生前遺影の撮影があるという。自ら撮影に来る人は、70代〜80代の人で、毎年誕生日に撮影する人、証明写真のついでに撮影する人など。家族のすすめ で、孫の七五三撮影の際に、同時に祖父母の写真を撮るケースも多いという。

 「ご自身が主役の写真。メークをしたり、着物を着たりして、撮影を楽しみ、元気になって帰られるお客さまが多いですよ」と同店。

写真右…証明写真は、カメラに対して真正面に座り、笑顔はNG

写真左…遺影用はプロの声掛けで、良い表情を引き出す。証明写真と印象が全く違う

メニュー

●一般写真
 撮影料3000円、六つ切りの写真代4940円、台紙は無料。撮影前のセットメークは3100円。データを希望する場合は5250円(いずれも税込み)。

体験してみて

 セットメークと撮影を含めて約1時間で終了。短時間で大変身しました! カメラスタッフのアドバイスでポーズを決めて気分はのりのり。写真撮影がこんなに楽しいものとは思っていませんでした。記念撮影として、定期的に撮るのもいいですね。


pagetop