ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

人生を彩る習い事 

彩り人生

 この年で習い事なんて…と諦めていませんか?シニア世代のスポーツ講座が増えてきています。スポーツや音楽などを楽しんでいつまでもイキイキと暮らしましょう。


素晴らしい自然の中で
馬と触れ合える!

長岡誠さん(61)

 定年後のライフスタイルの一つとして乗馬クラブクレイン東広島で馬と触れ合う長岡さん。これまでは、自分中心に考えがちだったが乗馬を通じて周りとの協調が大切だと改めて感じている。「馬の性格や気性の違いに気付くことが上達のこつ。年齢の高い人も多く会員同士のコミュニケーションも楽しいですね」と笑顔。


心身共に癒やされ、
立ち姿がきれいに!

小森山久子さん(65)

 東広島市西条町西条東のスズキカズヒロダンススクールで、社交ダンスを楽しむ小森山さん。年齢に関係なく踊れ、仲間が増えて楽しくコミュニケーションも図れるのが魅力だと話す。「音楽を聴きながら体を動かすことで心身ともに癒やされる。全身を使った有酸素運動なので、体が引き締まり、背筋が伸びます。よく姿勢がいいねと言われますよ」とにっこり。


ジムの仲間がいるから
頑張れる!

松田節子さん(69)

 トランポリンを使ったスポーツクラブHAKUWAのスタジオプログラム「UBOUND」で体幹を鍛える松田さん。短時間で汗をかけるのが魅力という。週4日はジムに通い、体調も良く最近では風邪をひくことが無くなった。「ジム通いは25年。ジムやスクールプログラムには多くの仲間がいるから楽しく頑張れますよ。体を動かしてストレスも解消です」と元気いっぱい。


とにかく「楽しむこと」が大切
ゲーム感覚で健康促進

松井敏昭さん(79)

 週2回、東広島市西条町御薗宇の賀茂ボウルでボウリングに汗を流す松井さん。若いころボウリングの魅力に取りつかれた経験を忘れられず、定年後に再び挑戦。やるからには全力を注ぎたいという熱い思いはシューズ、ボール、プロテクターからも感じられる。賀茂ボウリングクラブにも所属していて、専属のインストラクターに投げ方を教わったり、仲間と自主トレを兼ねて投げにきたりする。クラブでは新しい仲間に積極的に話しかけ、社交的になったと言う。「健康の秘訣(ひけつ)はとにかく楽しむこと。スクールは何でも構わないので、興味のあるものに挑戦することが大切です」と笑顔。


毎日のジム通いは
元気のもと!

斉原尤子さん(72)

 スポーツクラブHAKUWAで汗を流し、施設のお風呂が気持ち良くサウナでさっぱりが日課。優しいインストラクターの指導でやる気がみなぎる。仕事を辞めてから家にこもりっきりだったが、ジム通いの娘に勧められて始めたのがきっかけ。「以前は膝などが痛かったけど、プールやジムで体を動かすことで楽になりました」と斉原さん。


pagetop