ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

みんなのぷらざ

広島大学マスターズ 学びの窓 <8>

日本語のなかのフランス語

その地で独自の発展をすることば

原野 昇
(フランス語)

 コンサート会場で熱演が終わった後、間髪を入れず発せられる掛け声「ブラヴォー」、「アンコール」は欠かせない。いずれも元はフランス語であるが、すっかり日本語のなかに溶け込んでいる。

 ほかにも、日本語になったフランス語起源の語として、アベック、パラソル、アンツーカー、アンサンブル(婦人服と音楽で)、アトリエ、マルシェ、マリアージュ(料理とワインの―、元は「結婚」という意味)などもある。

 最近耳にするようになったフランス語由来のことばで、かつ元の意味を超えて日本語で幅広く使われるようになっている語もある。

 コンシエルジュ…フランス語の元の意味は、アパルトマン(共同住宅)の管理人で門番のような仕事である。最近では住宅の近代化、オートロック化で、ほとんど見られなくなったが、代わりに高級ホテルなどで、宿泊客のさまざまな相談や要望に応える「よろず承り係」を指すのに用いられ、日本ではさらに発展させ、学生の種々の相談を何でも受け付ける係として「コンシエルジュ」を置いている大学もある。東広島市役所に最近「保育コンシエルジュ」という係が新たに配置されて(2017年10月より2階の保育課)、子育てに関するよろず相談に対応されていることはまだあまり知られてないのではなかろうか。

 ソムリエ…西条と言えば酒都(日本酒)、フランスと言えばワイン。そのワインのことなら何でも知っていて、レストランでお客の好みに合わせてワイン選びの手助けをする専門家がソムリエである。しかし日本では、「プロフェッショナル」「資格認定」に重点をおいて、ビールソムリエ、チーズソムリエ、みそソムリエ、野菜ソムリエなど様々な分野でソムリエということばが使われている。食料品だけでなくジーンズソムリエまである。ことばはいったん借用されると、その地で独自の発展をしていく。

 広島大学マスターズは、広島大学を退職した教職員で組織しています。市民を対象にした講座も行っています。
【問い合わせ】kazuwp@hiroshima-u.ac.jp(渡部)


わたしのスケッチ

「かわいい秋」

 11月初め、散歩の途中にたわわに実っているカキがあり、その中に小さなかわいい秋を見つけました。思わず微笑んでしまいました。(黒瀬町、にこちゃん)


東広島の野草

美男葛の実

 晩秋の里山を歩いていると、雑木林の中に形がコンペイトウに似た赤い実に出合います。食糧難の時代、子どもだった私にとって、たまに口にできるコンペイトウの甘さは、後期高齢者となった今も忘れられないお菓子です。名前の由来は、葛(かずら)の皮の裏から染み出す粘液にあります。古くから江戸時代にかけて整髪料として愛用されたのです。当時のイケメンにとって必携のアイテムだったのです。(フォトリポーター 船越雄治)
11月15日、西条町内で撮影


うれしい仲間 楽しいひととき

親子で藍の生葉染め体験会

▽と き 7月27日(木)
▽ところ 東広島シュタイナーこども園さくら(東広島市八本松)

 夏休みに、親子で藍の生葉染めの体験会を行いました。藍を育てているささあいの会≠フ皆さんと、葉っぱをむしりミキサーにかけ、染液を作って染めま
す。くっきりと模様が現れるたびに歓声が上がりました。自分の思っていなかったような模様との出会いに感動し、すてきな夏の思い出になりました。(記:岩崎寛美)


プレスネット読者モニターの とっておきクチコミグルメ

●「お好み焼きこぼん」のお好み焼きは、シンプルだけど、ガーリックパウダーが効いてうまい!

●「くぐり門珈琲」のランチは、フレンチトーストやサンドイッチ、パスタもある!

●お菓子とパンの店「シロイハコ」のクッキーが大好きです。店舗には行ったことがなく、イベントの出店で購入します。

●豊栄の「ウィッチズカフェ鈴音」ではアフタヌーンティーが楽しめます。

●あすなろベーキングカンパニーのモーニングバイキングはとってもお得♪

※料理の内容、料金などは投稿当時のものです


映画「恋のしずく」

来秋公開!

 西条が舞台の映画「恋のしずく」は来秋公開予定。主演は元AKB48の川栄李奈さん。監督
は地域社会を舞台にした作品に定評のある瀬木直貴さん。作品情報や最新情報は公式ホームページやSNSをチェック!

公式HP


pagetop