ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

日本遺産認定目指し機運高めよう 

文化財の魅力発信するイベント 東広島市教委


▲モデルの倉本康子さん(左)から認定証を受け取る西条小児童

 「東広島市の歴史と文化の魅力発信イベント」(東広島市教育委員会主催)が10月28日、東広島市西条栄町の東広島芸術文化ホールくららとその周辺で行われ、約100人が参加した。


▲認定証を手に笑顔の西条小5年のクラス代表児童と同小教諭

 東広島市は「吟醸酒発祥の地 東広島」をテーマに、2018年度の日本遺産認定を目指して準備を進めている。今回のイベントでは、日本遺産認定に向けて市内にある「安芸国分寺」や酒蔵通りに関するクイズラリー、モデルの倉本康子さんと著名インスタグラマーによるトークライブ、日本遺産に認定されている全国各地の文化財や歴史的景観のポスター展示などが行われた。また、日本遺産について学習している西条小学校5年生が「東広島市日本遺産認定推進こども大使」の第一号として認定された。

 市教委文化課は「市民の皆さんと一緒に、日本遺産認定へ向かって盛り上がっていきたい」と話していた。

 (村岡)


pagetop