ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/23

市美展 149点入選 

11月26日まで前期展


▲絵画の入選・入賞作品に見入る来館者

 第30回東広島市美術展(東広島市教委主催)が、同市八本松南の市立美術館で開かれている。

 今年は、絵画・彫刻・デザイン・書・工芸・写真の6部門に、市内外から192点の応募があった。 審査の結果、149点が入選し、その中から、優秀賞5点、奨励賞23点が選ばれた。

 入選・入賞作品は、前期展(絵画・彫刻・デザイン)と後期展(書・工芸・写真)に分けて、招待作品(審査員の作品)とともに展示。

 前期展に訪れた黒瀬町の岡本政文さん(74)は「いとこの作品が展示されたので見に来た。何カ月もかけて創作していたのを知っているので、本当にすごいと思う。どの作品もとても素晴らしい」と話して いた。

 前期展は11月26日まで、後期展は12月2日〜17日まで。開館は10時〜17時。月曜日休館。

 問い合わせは同館082(428)5713へ。

  (茨木)


pagetop