ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/16

みんなのぷらざ

発達いろいろ <4>

限局性学習障害(SLD)って何?

 限局性学習障害も自閉スペクトラム症などと同様に脳の働き方の障害です。

 全般的な知的発達に遅れがないものの、「読む」「書く」「計算・推論する」「聞く」「話す」能力のうちいずれか、または複数のものの習得・使用に著しい困難がある状態を言います。そのため、目立った症状が見られるようになるのは学習を開始してからが多いです。左のようなことで困っているお子さんがいます。

 他のお子さんたちと同じようにできることもたくさんあるため、周りが障害に気付きにくく、「練習すれば大丈夫だろう」と思われがちです。本人は周りの期待に応えようと頑張りますが、何度やってもうまくいかないため、逆に自信を失ったり、勉強へのやる気をなくしてしまうことがあります。

SLDの3つの特徴
●読む●

・教科書や本などの文字がうまく読めず、詰まってしまう
・文章の切れ目やまとまりが分からず、違うところで文章を切って読んでしまう
・文字を読むことに集中すると、内容が理解できない  など

接し方のPOINT
・文字が重なって見える場合もあるため、まず見え方を確認する
・スペースやスラッシュを入れて、文字のまとまりをつくる(例:「わたしは/あした/ゆうえんちに」など)

●書く●

・漢字を書く際に、鏡文字を書くことが多い
・似た文字を書き間違えてしまう(例:「は」と「ほ」など)
・文字の大きさや形がバラバラ・升目からはみ出る  など

接し方のPOINT
・枠が大きいもの、升目入りのノートに書く
・書く量よりも質を大事にする(書くこと自体が嫌になってしまうため)
・似た文字の異なる部分に印を付け、違いを目立たせて、教える

●計算する●

・繰り上がり、繰り下がりが理解できない
・数字の大小や数の概念が身に着かない
・図形やグラフが苦手、理解できない など

接し方のPOINT
・おはじきなど具体的なものを活用して、計算をする
・升目を使って筆算をしたり、位ごとで色分けをしたりする
・電卓を利用する

 次回は子どもへの支援の考え方についてお伝えします。

文/県発達障害者支援センター
(東広島市西条町西条414−31)
相談=電話082(490)3455


広島大学マスターズ 学びの窓 <7>

広大マスターズとは何?

市民が自らの教養を高めるための一助に

金田 晉
(美学者)

 広大マスターズは「国際学術研究都市」を目指す東広島市ならではの組織だと思っている。他に類例を聞かない。

 マスターズは、広島大学にかつて勤めた、東広島市に住む教職員OBで構成されている。現役時は、研究調査だけでなく、学生の教育や、国内外の学会などの仕事に忙しく、自分たちの住む地域のことなぞ二の次にしていた。退職して、わが居住の地にも目が向くようになった。

 東広島市は生涯学習日本一を提唱してきた。世は高度文明社会、技術革新や情報のグローバル化で、ともすれば新しい変化に目を奪われがちだ。だがその時こそ、不易の基礎が必要でないだろうか。

 市やマスコミ主催の市民講座に、進んで講師で出掛ける。市民が自らの教養を高めるための一助になればよい。だがそれだけでない。市民がありったけの知力を使って起業する。そこにマスターズ会員の知恵を生かせればよい。

 広島大学にも貢献している。マスターズ会員には退職後も大学で教育や研究に関わっている者が多いが、会としても、留学生教育や大学の教養教育に積極的に参画してきた。例えばヒロシマを世界にアピールする使命を持つ広島大学には、全学選択必修科目として「平和科目」がある。その科目としてオムニバス授業「平和と人間A―環境と生物の未来へ―」と「平和と人間B―人間と文化の未来へ―」を初学年次生向けに開講している。毎年受講希望の学生が多く、抽選で受講が許可される始末である。

 大学の勤務には定年があるが、学問にはない。大きな実験装置や膨大な文献や資料の山から解放されて、一人の自由な研究者として立つ、そのような喜びがある。

 広大マスターズは、昨年10周年を迎え、開館直後の芸術文化ホール「くらら」で、記念シンポジウム「学園都市・東広島の近未来を語ろう」を開催した。近い将来「少子高齢化」もあって、日本の都市分布は大きく変貌する。東広島市が特性を持った都市として成長するように、マスターズは貢献していきたい。

 広島大学マスターズは、広島大学を退職した教職員で組織しています。市民を対象にした講座も行っています。
【問い合わせ】kazuwp@hiroshima-u.ac.jp(渡部)


わたしのスケッチ

「一眼カメラデビュー」

 私の一眼レフカメラに興味を持った小4の娘が、宮島で撮影した1枚。ピントがばっちり鼻に(笑)。子どもらしい目線でとっても気に入っています。(黒瀬町、サウンズママ)


東広島の野草 

キセル状花2題

左…ナンバンギセル 10月5日、西条町内で撮影 右…キセルアザミ 10月11日、西条町内で撮影
 10月上旬に、キセル(煙管)に似た花を咲かせる野草が2種あります。名前も「キセル」が付きます。どちらも下を向いて咲くので写真撮影に苦労させられます。中でもキセルアザミは「このアザミ、枯れ始めている?」と勘違いする人もいます。(フォトリポーター 船越雄治)


映画「恋のしずく」

撮影中

 西条が舞台の映画「恋のしずく」の撮影が10月下旬から本格的に行われている。主演は元AKB48の川栄李奈さん。監督は地域社会を舞台にした作品に定評のある瀬木直貴さん。作品情報や最新情報は公式ホームページやSNSをチェック!

公式HP


pagetop