ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/16

福祉体験やグルメ楽しむ 

第25回黒瀬町健康福祉まつり


▲ラジオ番組で第25回黒瀬町健康福祉まつりをPRした(左から)大多田青年会の沖和義さん、はつらつサロン代表の多原富美子さん、市社協の池田洋子さん

 第25回黒瀬町健康福祉まつりが10月29日、黒瀬生涯学習センターで行われた。社協や福祉団体の活動紹介、福祉体験や健康相談、救急講習などがあった。

 福祉体験コーナーでは、手話、点訳などの体験が行われ、遊び体験コーナーでは、子どもたちが竹トンボを楽しんだ。

 屋外テントの飲食ブースには、22店舗が出店。炊き込みご飯、たこ焼き、うどん、焼きそばなど多くの料理が並んだ。

 はつらつサロンは、今年で4回目の参加。じゃがいもドーナツなどを販売した。じゃがいもドーナツは、もちもちとした食感と、ほんのりとした甘さが好評で、「黒瀬町産のじゃがいもで作りました。何個でも食べられると人気の商品」と代表の多原富美子さん。黒瀬町の大多田青年会のブースでは焼きそばを販売。射的コーナーも設け、子どもたちを楽しませた。

 せせらぎホールでは、カープジャズのライブを開催。同青年会の沖和義さんも出演して歌声を披露し、まつりを盛り上げた。


 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。


pagetop