ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/9

土と触れ合い、イモ収穫 東広島LCの指導で

八本松あおい保育園児


▲イモを収穫する園児たち

 東広島ライオンズクラブは10月30日、東広島市八本松飯田1のライオンズ農園に、八本松あおい保育園の園児を招き、一緒にサツマイモ約4000個を収穫した。

 参加したのは80人。収穫したのは、今年6月に園児たちが植えた「紅あずま」と「安納芋」。同クラブのメンバーが、サツマイモの収穫方法を説明した後、仲良くイモ掘りを楽しんだ。

 同クラブの荒谷武志さんは「イモ掘りは3年ぶり。子どもたちに土と触れ合ってほしくて、復活させました」と話していた。

 (柴田)


pagetop