ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2017/11/2

特殊詐欺防いで感謝状 ファミマ豊栄清武店

東広島署


▲山田谷署長から感謝状を受け取る金行さん

 東広島署は10月19日、特殊詐欺被害を未然に防いだ、東広島市豊栄町清武のファミリーマート豊栄清武店に感謝状を贈呈した。同署であった贈呈式には、同店マネージャーの金行桂子さんが出席し、山田谷清署長から感謝状を受け取った。

 9月15日午後、市内の常連客の男性(60代)が電子マネーギフト券5万円分を購入しようと来店。不審に思った金行さんが用途を尋ねたところ「登録料の未払い金が発生しているので、ギフト券を買ったら外へ出て電話するように言われている」などと話した。金行さんは特殊詐欺を疑い、近くの豊栄駐在所へ相談するように説得して被害を未然に防いだ。

 金行さんは「顔見知りのお客さまだったので声を掛けることができた。被害を未然に防ぐことができて本当に良かった」と笑顔だった。山田谷署長は「だまされたことに気付かないことも多い。おかしいなと思ったら声を掛けてもらうことが大切」と話していた。

 今年1月から9月末までの東広島署管内での特殊詐欺件数は40件、被害額は3920万円にのぼる。

(茨木)


pagetop