趣を楽しむ 「高級仕出し あじろや

料理人だから
おいしく気遣いのある仕出しができる

冷やし煮物


仕出しだからこそ料理人の技量が要

▲栗山武市 料理長
 広島県出身。故福原義彦氏を師と仰ぎ修行。数店の料理長を務めた後、あじろやの料理長に就任。(一社)広島県日本調理技能士会幹事長。厚生労働大臣許可中国調理師会会長。日本包丁道大草流師範、広島支部長。

 創業116年の歴史を持つ広島駅弁当鰍フブランドとして知られる「高級仕出し・あじろや」は開業30年。仕出しは慶弔料理が主体だが、会議・親睦にもよく利用される。本格会席をメインに箱詰めのパック会席まで幅広く対応している。「5千円〜1万円の仕出しの注文が多い」と栗山料理長。

 一般の飲食店とは違い、作ってすぐの提供ができない仕出しだからこそ、料理人の技量が要となる。冷めてもおいしく食べてもらうには、その日の気候や素材に気を配る味付けが必要。栗山料理長の味を守ることで「高級仕出し・あじろや」のおいしさが届けられる。また、お客のことを考え、寒い時には温かい料理を出す工夫もしていると教えてくれた。

 素材選びは、どの店舗も取り組んでいるように、どこで作られたものか分からない材料より、地産のものをよく利用する。季節も考え、旬の素材を厳選している。


▲高速道路にもアクセスが良い好立地にある本社

tel.082・286・0181
[所]広島市東区矢賀5丁目1-2
[営]8:30〜19:00
[定]なし
[P]有り

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/9/7

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館