北広島市子ども大使 東広島市を訪れ交流

 北海道北広島市の子ども大使14人(小学生8人・中学生6人)が8月3日、東広島市役所を表敬訪問した。


▲蔵田市長と歓談する子ども大使

 一行は3泊4日の日程で東広島市と広島市を訪問。東広島市では市内の交流校で交流を深め、酒蔵通りの見学なども行った。広島市では平和記念公園や宮島を見学し、8月6日には平和記念式典に参列。千羽鶴を献納した。


▲子ども大使14人と記念撮影

 西の里小学校6年で児童会長の浜田瑛介君は「広島で見て学んで感じた多くのことを、北広島市のみんなにしっかり伝えたい」、緑陽中学校3年で生徒会副会長の渡辺真子さんは「両市の架け橋となれるよう、この交流を大切にしていきたい」と話していた。東広島市と北広島市は昭和55年から姉妹都市提携し、相互に子ども大使を派遣するなど、交流を続けている。

(茨木)

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/8/24

ページの先頭へ