美向上委員会

ダイエットに挑戦、でも続かない… やる気を保つには?

 ダイエットの難しさは「継続すること」。効果が得られる前に、挫折したり飽きたりしていつの間にかやめてしまった…、という経験のある人は多いのでは。

 「目標を高く設定すると、途中でめげやすい」と、東広島市西条下見5のスポーツジム、アザーの米澤和洋代表。ダイエットを始める時につい張り切って「きつい運動」「極端な食事制限」などを設定しがちだが、これでは続かないだけでなく、リバウンドや体調を崩すことにつながる。

 バランスのとれた食事、運動、睡眠を基本とし、「『ゆるいかな』と思うくらい低い目標を達成しながら継続していくことが成功の秘訣(ひけつ)」と米澤代表。モチベーションを保つアクションを聞いた。

こうする→「低い目標を達成する」

難易度下げ 優しい目標設定を

 ものすごく努力しないと達成できない目標は、途中でめげる可能性大。行動の難易度を下げ、少し努力すれば達成できる目標設定を。運動の量よりも、始めは毎日実践することの方が重要。まずは「1日の間に30分歩くことを1週間続ける」という目標にして、達成できたら、ご褒美を。達成感を味わうことが習慣化の第一歩。

MEGERU CASE
張り切りすぎて三日坊主に…

【Aさんの場合】 毎朝6時から2.5キロ、約30分のウオーキングを目標にスタート。初日から3日目までは新鮮な気持ちで楽しく歩いたが4日目、6時に目が覚めず、筋肉痛もあったので歩かず。そのままフェードアウト。

【米澤代表のアドバイス】 「30分歩く」という目標はそのままに、「毎朝6時から」を「1日の間で」に変更しましょう。例えば、出勤前に15分、夕食後に15分など分割してもOK、とすれば簡単に感じませんか。効果も変わりありません。

できない時は日常生活でカバー

 決めたプランができない時は、日常生活の中で身体活動を増やしてカロリーを消費。座っているより立っている方が1・2倍のエネルギーを使用するため、ちょっとした作業は立って行うことや、エレベーターを使わずに階段を上る、遠くの駐車場に停めて歩くなど。「今日は動いていないな」と思ったら、食事の摂取カロリーを減らして調整。

MEGERU CASE
理由をつけてやらなくなる

【Bさんの場合】 ウオーキングと自宅で体幹トレーニングや腕立てふせを毎日行うことが目標。1週間続けていたが、仕事が忙しくなり、気持ち的にも時間的にも運動できなくなった。

【米澤代表のアドバイス】 忙しくて運動ができないときは、日常生活でしっかり動いてカロリーを消費しましょう。家事や洗車なども立派な身体活動。また、運動は気持ちをリフレッシュし、体の疲れを取る効果もある。「ダイエットのため」ではなく、気分転換くらいの気持ちで行うといい。

やってきたことに嘘はない

 運動でカロリーを消費し、食事での摂取カロリーが適切であれば、必ず体に変化は出てくる。「すぐに結果が出るわけがない」という気楽な心構えで臨もう。

 また、体重は体内の水分で0・5キロくらいはすぐに増減するため、体重計の数字に一喜一憂しないこと。

MEGERU CASE
見えない結果にやる気を失う

【Cさんの場合】 きつくて履けなくなった2年前の自分のズボンを、もう一度履けるようにすることが目標。ウオーキングやエクササイズを2週間行っても、変化はなし。効果が全く見えず、モチベーションがダウン。

【米澤代表のアドバイス】 皮下脂肪が燃焼して、効果が目に見えるまでにはある程度の期間が必要です。2週間継続できている自分を褒め、自信を持ってそのまま継続してください。きっと効果が出てきます。

モチベーションUPアクション

□一週間続いたらご褒美

 大きな目標を達成するまでの小さな目標として、自分が決めたプランを1週間続けられたらご褒美を。「人気の店のランチを食べに行く」「欲しかったバッグを買う」など。食べる物をご褒美とする場合、カロリーや栄養バランスを考えて選ぼう。

□自分の姿の写真を撮る

 1週間ごとにスマートフォンで自分の姿を撮影する。見比べると、少しの変化にも気付きやすく、記録にもなる。

□目標を文字にして張る

 生活の中で目に付く場所に、「あの水着を着る!」など大きく目標を書いて張る。目に入るたびに意識やイメージが高まる。

□うれしい言葉を記録

 「ちょっと痩せた?」など、人からうれしい言葉を掛けられたら、スケジュール帳やカレンダーに、マークを付けたり、シールを貼ったりして記録。にぎやかになるスケジュール帳を見ると、楽しい気持ちになりやる気もアップ。

□着たい服を買う

 細身のジーンズや憧れの水着を思い切って購入する。それを着た自分をイメージして、わくわくして、喜ぶことでモチベーションが上がり、達成に近づきやすくなる。

□気に入った靴を買う

 出掛ける機会を増やすきっかけに、お気に入りの靴を思い切って購入する。ウオーキングや運動をする時のかっこいいシューズでもOK。


取材協力/米澤和洋(アザースポーツパフォーマンス代表)
日本卓球協会競技者育成委員や広島ガスバドミントン部トレーナーなどを兼務

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/7/6

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館