ストップ還付金詐欺被害 

東広島署が感謝状

 「医療費や保険料の還付金がある」と言って現金自動預払機(ATM)に誘導し、金をだまし取る還付金詐欺。金融機関や民間企業などが未然に被害を防ぐケースが東広島署管内で相次ぎ、同署はそれぞれに感謝状を贈った。(橋本、茨木)

 東広島市黒瀬町楢原の黒瀬タクシーと同市志和町志和西の福祉タクシーよつばが防いだケースでは、高齢者が自宅から離れたATMまで搬送を依頼。長時間ATMを操作していた、会話の中で還付金という言葉が出たことをそれぞれ運転手が不審に思った。


▲山田谷清署長から感謝状を受け取る黒瀬タクシーの前野秀治代表(中央)。同社の社員松岡博文さん、福祉タクシーよつばの松本明大取締役

 黒瀬タクシーのドライバー松岡博文さん(51)と福祉タクシーよつば取締役の松本明大さん(31)は「防ぐことができて良かった」と話す。

 ATMに並んでいた人が、携帯電話で話をしながらATMを操作する女性に声を掛けて防いだケースも。防いだのは同市安芸津町三津の瀬戸康子さん(59)と広島市安芸区阿戸町の楠木美智子さん(76)。瀬戸さんは「積極的に行動を起こしてよかった」、楠木さんは「この経験を周りの友人に話して、注意喚起していきたい」と話していた。


▲瀬戸康子さん(左から2人目)と楠木美智子さん(同3人目)

 東広島市黒瀬町丸山の広島市信用組合黒瀬支店と同市河内町中河内のJA広島中央河内支店が防いだケースでは、ATMでの還付金受け取りについて電話で相談を受けた行員が不審に思い、通報した。

 電話で相談を受けた広島市信用組合黒瀬支店の松本有未さん(24)は「今後も職員一同積極的に声掛けをしていきたい」、JA広島中央河内支店の繁藤愛子さん(60)は「お客さまとの信頼関係があったので、相談していただけたのだろう」と振り返っていた。


▲左2人目から広島市信用組合黒瀬支店の松本有未さん、松仁浩美支店長代理、JA広島中央河内支店の森原静之支店長、繁藤愛子さん

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/5/18

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館