119番通報に5カ国語で対応 

東広島市消防局

 東広島市消防局は、119番通報時の外国語対応を始めた。通報者が日本語でのコミュニケーションが難しいと判断された場合、消防本部は民間通訳業者に電話回線をつなぎ、同時通訳を介して消防と通報者がやりとりする。英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の5カ国に24時間、対応する。


▲3者間での通話を行った訓練

 国は2020年の東京五輪・パラリンピックまでに、全国で外国語対応の導入を目指すことにしており、広島県内では同局が初めての運用。

 5月1日には、東広島市市民文化センターでシミュレーション訓練を行った。3者間での通話を体験したマレーシア出身のリャウ・ユンチンさん(45)は「緊急時に同じ言語で話ができることは安心感がある」、同局消防指令課の藤田尚史課長補佐は「通訳に切り替えるまでをよりスムーズに行うことなど、課題もあった。改善し、充実した運用にしていきたい」と話していた。

  (橋本)

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/5/18

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館