「いつでもどこでも誰とでも交流」

手話と要約筆記の奉仕員養成講座 5月にスタート

 東広島市社会福祉協議会では5月から、今年度の手話と要約筆記の奉仕員養成講座をそれぞれスタートさせる。

 手話奉仕員養成講座を受講し、現在、手話サークルたけのこに所属している杉野愛美さんは、「サークルは皆同じ目的を持っているので、そこに身を置けるのはすごく刺激的。自然に手話ができるようになりたい」と話す。「『おはよう』というあいさつだけでも、コミュニケーションが取れれば温かい気持ちになれる」と魅力を説明する。

 聴覚に障害がある人のために、その場で話されている内容を即時に要約して文字にする要約筆記。要約筆記奉仕員養成講座を修了し、要約筆記サークル花たばで活動する岩本恵子さんは「技術的なことを学ぶと要点を捉える方法が分かって、分かりやすく伝えられる」という。要約筆記は2〜4人のグループで取り組むことが多く、時間や文量で交代しながら要約していく。「信頼できる仲間や先輩に助けてもらいながら楽しんでいる」と岩本さん。

 東広島市障害福祉課のろうあ者専門相談員・唐澤美加さんは「いつでもどこでも誰とでもコミュニケーションが取れる東広島になってほしい」と力を込める。  東広島市社会福祉協議会では5月から、今年度の手話と要約筆記の奉仕員養成講座をそれぞれスタートさせる。

 手話奉仕員養成講座を受講し、現在、手話サークルたけのこに所属している杉野愛美さんは、「サークルは皆同じ目的を持っているので、そこに身を置けるのはすごく刺激的。自然に手話ができるようになりたい」と話す。「『おはよう』というあいさつだけでも、コミュニケーションが取れれば温かい気持ちになれる」と魅力を説明する。

 聴覚に障害がある人のために、その場で話されている内容を即時に要約して文字にする要約筆記。要約筆記奉仕員養成講座を修了し、要約筆記サークル花たばで活動する岩本恵子さんは「技術的なことを学ぶと要点を捉える方法が分かって、分かりやすく伝えられる」という。要約筆記は2〜4人のグループで取り組むことが多く、時間や文量で交代しながら要約していく。「信頼できる仲間や先輩に助けてもらいながら楽しんでいる」と岩本さん。

 東広島市障害福祉課のろうあ者専門相談員・唐澤美加さんは「いつでもどこでも誰とでもコミュニケーションが取れる東広島になってほしい」と力を込める。


▲手話と要約筆記の奉仕員養成講座を紹介した(左から)手話サークルたけのこの杉野愛美さん、要約筆記サークル花たばの岩本恵子さん、東広島市障害福祉課の唐澤美加さん

 東広島市社会福祉協議会提供のラジオ番組「社協発!笑顔」はFM東広島(89.7MHz)で毎週木曜日午前10時から放送。

ザ・ウィークリー・プレスネット 2017/4/20

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館