Check Car style(カースタイル)

 自家用車のこと、あなたはどこまで知っていますか?これを知っているだけでも、安心安全に長く乗り続けることができるかも。購入時、点検時に知っておくだけで得する情報を集めてみた。

自動車関連 気になるニュース

 日刊自動車新聞に掲載された記事から気になるニュースをピックアップし、プレスネットが編集。

国交省が自動車アセス結果公表
衝突安全性能でトヨタ2車種が最高評価

 国土交通省は12月1日、自動車アセスメント結果を公表した。今年度は前期分として衝突安全性試験で4車種、予防安全性試験で11車種をテスト。衝突安全性ではトヨタ自動車の「プリウス」と「アルファード/ヴェルファイア」が最高評価のファイブスターを獲得した。

 衝突安全性ではトヨタの2車種ほか、スズキ「イグニス」、軽自動車のダイハツ工業「キャストスタイル」(トヨタ向けOEM車含む)の4車種をテスト。「フルラップ前面衝突」や「歩行者頭部保護性能」などさまざまな衝突試験を実施し、評価結果を208点満点中の得点を5段階で評価し、1〜5の星で示した。「イグニス」と「キャストスタイル」は星四つの評価だった。

 予防安全では、今回から対歩行者衝突被害軽減ブレーキが新たに加わり、子どもと大人を想定した2種類のダミーを歩道側から飛び出させ、時速10〜60キロmの範囲での減速度などをテストした。結果は25点満点中の得点で評価し、対車両型ブレーキや車線逸脱防止装置なども合わせた71点満点の総合得点で「ASV+」「ASV++」マークに分け、結果を示した。今回はスズキ「イグニス」、富士重工業「インプレッサ」「フォレスター」「レヴォーグ/WRX」「レガシィ」、トヨタ「クラウン」「プリウス」、レクサス「GS/GS F」 「RX」、ホンダ「フリード/フリード+」、マツダ「アクセラ」の11車種(同一型式、OEM車は1車種とカウント)を試験。全車種が最高評価の「ASV++」を獲得。

来年度税制改正 エコカー減税切り上げ焦点
年間販売台数の5割まで 「致命的影響」危機感募らす業界

 来年度の税制改正で財政当局はエコカー減税などの対象車を年間販売の5割程度に絞り込むよう求めている。この場合、エコカー減税の免税対象は「2020年度燃費基準50%超過達成」に、減税の下限は同「10%超過達成」と大幅に切り上げられる。前年度と比べた増税額は1千億円を超え、業界は「国内市場に致命的なダメージを与えかねない」(日本自動車会議所の小枝至会長)と危機感をあらわにする。業界は12月8日の税制改正大綱とりまとめへ向け、経済産業省とともに単純増税の阻止に全力を挙げる。

 過去に5割まで一気に絞り込んだことは「過去に例がない」(経産省)。また、過去2回の基準見直し時には減税措置も同時に行われているが、今回は期待できない。

 単純増税になれば需要はさらに減る。政策懇談会では「(増税)規模の大小はともかく、購入者から見ればネガティブメッセージになる」(片山さつき参院議員)と懸念する声も出た。


自動車公取協が消費者に注意喚起

軽未使用車の広告

 自動車公正取引協議会(西川廣人会長)は、消費者向けに軽未使用車の広告について注意喚起する案内をインターネットなどで発信した。

 該当するのは「パック商品の購入が条件」「パック商品が得であるかのように説明」「広告掲載車はプレゼント対象外」などのケース。自動車公取協では、▽表示した価格で販売しない▽パックでの購入が得であるように説明▽実際とは異なるオプションプレゼントなどがあることを指摘。チラシには目玉車として69万8千円と記載されていても、「20万円の乗り出しパックの購入が条件」と説明し、強制的に購入させているケースや「乗り出しパックの購入が社内のルールで」と強引に購入を促すケースがあることを挙げ、注意を呼びかけた。

 また、納車点検費用やクリーニング費用などがパックに含まれているケースが多いが、納車前の点検やクリーニングは販売店が当然行うべき作業であると位置づけ、費用の支払い義務はないと説明している。

未使用車専門店のチラシの価格って 本当に安いですよね!

軽未使用車販売の不当な表示・不適切な販売方法について

 「不当な表示」や「不適切な販売方法」により、消費者の信頼を失いかねないようなものが、一部の事業者において見受けられる。例えば…

1.表示した車両価格で販売しない
「20万円の乗出しパックの購入が条件となります」

 パック商品の購入を条件としている(条件としているがその費用を販売価格に含めず表示している)

「基本、乗り出しパックを購入いただくことになります。社内のルールですので…」

 パック商品の購入が条件であるかのように説明し、半ば強制的に購入させている

2.あたかもパック商品を購入した方がお得であるかのように説明(表示)
「単品にするとこんなにお高いので、パックの方がすごくお得ですよ!」

 実際には販売した実績のない高額な価格を比較対照とし、あたかもパック商品がお得であるかのように説明(表示)して、言葉巧みに購入させている

「パックには付属品・諸経費用一覧の内容に加えて、納車時の点検費用やクリーニング費用も含まれていますのでお得ですよ!」

 購入者が負担する必要のない費用を、あたかも負担が必要であるかのように説明して、言葉巧みに購入させている

3.まやかしのオプションプレゼント
「掲載車両はプレゼント対象外なんですよ」

 掲載車両がプレゼント対象車であるかのように表示ている

「プレゼントは車と同時にパック商品を購入することが条件なんですよ」

 車の購入者は全てプレゼントがもらえるかのように表示している

「プレゼントした用品は当店での取付が前提となり工賃が別途必要となります」

 ナビ等をプレゼントする旨を強調して表示する一方、高額な取付費用を請求している

 このよう行為は規約第14条第13号で禁止している不当表示に該当します!!


冬に向けて点検しておこう!

ワイパーブレード(ワイパーのゴム)

 雨の日にワイパーを使って水はけが悪い。ゴムに亀裂が入って、使用時に引きずられているなど。

タイヤの空気圧の調整

 空気圧が低いとバーストする場合がある。タイヤの溝に異物が挟まっていない か、走行時、少し窓を開けてエンジン音やタイヤの回転音を聞くのも良い。

スタットレスタイヤ

 スリップサインが出ると交換時期。 スタットレスタイヤの溝の深さを確認する。タイヤには溝に[=写真]のようなスリップサインがある。これが出ると交換時期。またゴムの固さは、爪で押さえて硬いのは劣化して性能が落ちている。


▲スタットレスのスリップサイン

ザ・ウィークリー・プレスネット 2016/12/17

ページの先頭へ

  • ジモ通
  • FM東広島
  • FM東広島ブログ
  • イベントカレンダー
  • ポスト設置場所
  • 鳥取発!紙上ショッピング
  • 美食倶楽部 牛肉販売
  • 東広島美食倶楽部
  • 白竜湖
  • 次郎丸
  • 白竜湖リゾート
  • T・JOY東広島
  • 愛新美術館